PORTFOLIO #090

軽井沢の山荘|case i

敷地面積
515.29㎡ / 155.88坪
建築面積
81.15㎡ / 24.55坪

森の山荘の
質実な侘び寂び

「多くを求めない」というよりも、四季折々の自然の美しさを実らせた小さな花や、わずかな森のうつろいに心を留めていたい。そんな想いでしつらえた、自然とひとつになる森の山荘。

敷地面積
515.29㎡ / 155.88坪
建築面積
81.15㎡ / 24.55坪

btn play

通りから高低差のある小さな高台の上。
ウッドデッキを中心に、「コの字」に開いたモリノイエには、
木々の葉を透かした南の光が降り注ぐ。

森に開いたおおらかな南のウッドデッキとは対照的に、
風雨をしのぐ北側には、ピクチャウィンドウを設計。
南の光をたっぷり浴びた森の灯りが、空間全体を照らし、
南と北の緑の光がひとつになって、
まるで森の中にリビングがあるような開放感をもたらした。

実のところ、窓の風景は、人が座ってなお、よく観える高さに計画。
あえて低くしたことで、空間全体の重心が低くなり、包まれた巣ごもりの安らぎを感じられる。

窓には、実りを豊かにする森や鳥たちの営みが、映画のスクリーンを巡る物語のように流れていく。

ウッドデッキからまっすぐにつながるリビング、そして北の森の風景。

ウッドデッキから見るキッチンと玄関のありさま。

小さな山荘で、どこでも好きな場所で、食卓をつくる。
朝には、ウッドデッキであたたかいコーヒーを。昼には、リビングのソファで買ってきた焼きたてのパンを。夜には、キッチンカウンターでグラスを傾ける。そんな風に、山荘そのものを食卓として、夫婦ふたりの時間が積み重ねられていくことを想像する。

キッチンカウンターから見える森の風景たち。

リビング全景のありさま。キッチンのある北西側に、高低差のある畳の空間を計画。間仕切りなく空間をひとつなぎにするとともに、円い畳はそのままベンチにもなる。窓側には、森の風景を望み、筆を進めるような時間を想い、机を設計した。
 
北に開いた窓からの光は、高さのある吹き抜けの白壁にあふれ、光と影のコントラストを深める。天井を低くしつらえた畳の空間は、わずかな光に照らされた閑静を生む。

リビングから見るウッドデッキ。雨風を凌ぐ切妻屋根は、あえて大きく張り出すように設計。白い軒裏は、そのまま室内とつながり、緑の光を取り込む役割にも。

リビングから見る、北東のサニタリールーム。空間にどこまでも抜け感を計画することで、簡素で大きくはないモリノイエだけが知る、おおらかな広さを得る。

トイレと洗面室と浴室をひとつにした空間。
つやのない白灰色を基調としたことで、自然の光と色がやわらかに広がる。

サニタリールームの北側に位置する寝室は、北の森の光、東の陽を取り込む。

森の光があふれる北の森に開いた寝室窓と、リビングから寝室へ続くドア。

建て主の色彩感覚やもの選びのセンスは、見本にしたいところばかり。