sumori-an 006

2018.08.31

designer|福岡美穂

今年の夏は例年にない猛暑のようで、さすがの軽井沢も気温が30度を越す日もあった。

しかし、やはりここは避暑地。

夕方になると次第に気温が下がり、私たちを心地よい睡眠へと誘う。

 

台風の影響により、風が強い日もあった。

sumori-an の玄関ポーチには、その痕跡が見て取れる。

それは、自然が創り出すアート作品さながら。

 

最近、薪ストーブ屋さんに教えてもらったのであるが、

室内の湿気払いのため、夏の間にも薪を焚くことがあるそうだ。

sumori-an でも焚いてみた。

夏場の暖炉の使い方があるとは。

温暖な地域に育った私からは、目から鱗であった。

 

気持ち冷んやりとした室内に、ほのあたたかい炎が躍る。

それは、非日常のちょっとした幸せな時間。