軽井沢別荘の歴史01「John Lennon Family Album」 Nishi F. Saimaru

2019.06.10

モリノイエ軽井沢 編集室

表参道と軽井沢のアトリエで、別荘や住宅の建築設計を中心に活動する私たち〈モリノイエ軽井沢〉は、“都会暮らし、森暮らし。”という新しい日本の暮らし文化をつくることを大切に、連載「軽井沢別荘の歴史」で、軽井沢の別荘建築や山荘暮らし、建築家の図面や作家の芸術作品、写真集などを紹介していきます。

01「John Lennon Family Album」
 
Nishi F. Saimaru(1990)

1977年から1979年にかけて毎夏、軽井沢を訪れていた〈the Beatles〉のジョン・レノン、妻のオノ・ヨーコと息子のショーン。「John Lennon Family Album」は、3人の何気ない日常を記録した写真集です。1977年に浅間山の〈鬼押出し園〉で撮られた表紙のポートレートをはじめ、1977年に滞在した軽井沢の老舗旅館〈万平ホテル〉でのくつろぎのようす、軽井沢の森でサイクリングを楽しむジョンとヨーコの姿や、〈白糸の滝〉で撮られた小野家一同との集合写真、森の中で家族と笑顔を交わす時間など、1975年を境に、音楽活動から家族との時間に比重を置いたジョンのありのままを垣間見ることができます。
 
ちなみに、ハズバンド期とも言われている1975年から享年1880年までに家族と過ごした時間の中で、テープに録りためていた音源は、1998年に「ジョン・レノン・アンソロジー」で発表されています。その言葉や音楽からも、軽井沢の森で過ごした時間が、ジョンにどのようなエッセンスをもたらしたのかを知ることができるかもしれませんね。