工夫のある設計
[ 軽井沢編-2 ]

case01

田園風景を眺める
丘の上の家

都会の喧噪から離れ、愛犬2匹との穏やかな暮らしを望んだご夫婦。
その新しい住まいからは、広々とした田園風景を見渡せます。
愛犬のために床は全てタイル貼りに。
そして、住み始めてしばらくした頃に、
ご主人の仕事場としてコンサバトリー(サンルーム)を増築しました。
暖かな日差しが入り込む日には、美容師のご主人が近所の方の髪を切ったりする、
地域の交流の場にもなっています。

建築実例を見る

case02

大好きな子どもと過ごす
自然素材の家

柔らかな白壁が心地よい空間を作るこの家は、30代のご夫婦が、
生まれたばかりの息子さんと緩やかな時間を重ねるための家です。
素材は、息子さんのことを考え、すべて自然素材。
お二人が厳選した天竜杉で作られた梁や柱をはじめ、
ドイツ製の自然塗料を使用した漆喰の白壁、非常に珍しい木製の窓サッシなど、
その想いは細かなところまで行き届いています。
柔らかな雰囲気の室内は、ご夫婦の海外生活時代の思い出をベースに設計しました。
元気に動き回る息子さんのために作った、
窓前の木製手すりは成長後に取り外しが可能です。

建築実例を見る

case03

ゲストが集まる
スキップフロアーの家

伝統的な別荘地、南軽井沢の中で、モダンな外観が存在感を放つ家です。
「たくさんのゲストを呼びたい」というご夫婦の希望を受けて、ゲストスペースは広めに設計。
リビングは1階にある広いリビングと、
ロフトにあるオーディオ機器が揃えられたものの2つがあります。
L字の家屋の端にあるウッドデッキは、しっかりとした屋根が付いているので、
暑い日差しや多少の雨も遮り、
天候に左右されずにバーベキューや談笑を楽しむことができます。
週末ごとにゲストとの楽しい夜が更けていくに違いありません。

建築実例を見る

case04

鳥の目線で過ごす
切妻屋根の週末住宅

海外出張が多いご主人を癒すための週末住宅は、伝統的な切妻屋根の家です。
大きな特長は、リビングを2階に設けたこと。
森の中を飛ぶ鳥と同じ目線で自然を楽しむことができます。
また、このリビングを囲むように90cmのバルコニーを設置。
わずかな幅ですが、人に心理的なゆとりをもたらし、より心身を開放できる効果があります。
2階の寝室とリビングは、欄間でつなぎ、広がりを演出。
東西に設けたハイサイドライトにより、
どこにいても両側の景色が楽しめる家になりました。

建築実例を見る

特集一覧へ