工夫のある設計
[ 軽井沢編-1 ]

case01

大きなテラスと
ギャラリーのある家

仲のよいご夫婦が別荘に望んだことは、
家族が趣味に没頭できる場所であること。
特に希望されたギャラリーは、コストバランスを考え、
普段は家族のリビングダイニングとして使えるように設計しました。
テラスは、家を囲むようにウッドデッキを設置。
その西側から見る夜のしなの鉄道は、
まるで銀河鉄道のようだと奥様に喜んでいただけました。

建築実例を見る

case02

3階建ての眺めを楽しむ
寄棟屋根の週末住宅

寄棟屋根が印象的な家は、息子さんがご両親のために建てられた週末住宅。
緩やかな傾斜地に建てられているため、高さによって3段階の眺望が楽しめます。
その眺めをさらに引き立てるのは、寄棟屋根の庇(ひさし)。
どの部屋でも水平になるため、軽井沢の景色を額縁のように切りとります。
黒色のサッシを選んだのは、その風景を引き締めるため。
自慢のアイランドキッチンからも、ゲストルームの和室からも、
今日も軽井沢の自然という名画が見られます。

建築実例を見る

case03

英国を感じさせる
二人の週末住宅

星野エリアに建つレンガの外壁が印象的な家は、
昔から別荘を持つことが夢だったご夫婦の週末住宅です。
現在、お子様はイギリスへ留学中。
そのことをきっかけに、イギリス文化に興味を持たれたというお二人の家は、
個性的な色使いや、煙突がかわいい暖炉など、
日本のものとは少し異なる雰囲気を感じさせます。
背の高いご主人に合わせたオーダーメイドキッチンや、
2階にある留学中のお子様用の部屋など、使いやすさも重視。
浅間山が見える北側は、背の高いガラス窓を設えました

建築実例を見る

case04

家族で楽しむ
半地下とロフトの週末住宅

伝統的な別荘地、中軽井沢に建つ30代ご夫婦の別荘は、
家族で週末を楽しむための工夫がいっぱいです。
半地下の寝室は障子で仕切り、プライベートスペースを確保。
中1段上がったロフトのようなスペースは琉球畳と
ロールカーテンでゲストルームに早変わり。
リビングダイニングにはIHクッキングヒーターを組み込んだジャイアントテーブルを配し、
キッチン側を一段低くすることで本当の意味での対面キッチンを実現しました。
ご夫婦が熱望されたFLOSのシャンデリアは、そんな家族に暖かな輝きを放っています。

建築実例を見る

特集一覧へ