Blog

モリノイエの本棚002「風立ちぬ・美しい村」

めぐりめぐって
いつの日からか本棚に並んだ本。

毎日どこかを旅するわけではないけれど
流されることなく、ずっとそこにいて
ときどき大切なメッセージを届けてくれる。

そんな一冊を
モリノイエの本棚から。

あなたの楽しい「都会暮らし、森暮らし」が
もっと楽しくなるように。


モリノイエの本棚002
「風立ちぬ・美しい村」



美しい自然の中で、生と幸福感を確立して行く過程が描かれた物語。『美しい村』は、軽井沢の高原を背景に、森暮らしのありさまをバッハの音楽的な構成で綴られている。『風立ちぬ』は、作者本人の体験をもとに執筆。どちらも堀辰雄の中期を代表する作品。


発行:昭和26年
著者:堀辰雄
出版:新潮社

PHOTO & TEXT:モリノイエ編集室